環境省、ハミルトンの製鉄施設での排出事故を調査

·

·


Pexel 経由の写真 @ Ludvig Hedenborg

東ハミルトンの製鉄施設は、空にさび色のプルームを放出するという予期せぬ事故を受けて調査中である。

土曜日(10月28日)午後3時半少し前、 アルセロール・ミッタル・ドファスコ— 事件が起きた企業は公式ウェブサイトにメッセージを投稿し、製鉄プロセス中に、特にKOBM(酸素製鋼転炉)容器に酸素を吹き込んでいるときに不具合があったと述べた。

同社はさらに、可視放射は14分間続き、主に鉄で構成されていたであろうと述べた。

放出雲がその地域内でどこまで広がったのか、それともそれを超えて漂流したのかは不明である。

酸化鉄の排出は通常オレンジがかった茶色ですが、潜在的な健康への影響はまだ評価中です。

によると アルセロール・ミッタル・ドファスコ 排出量が許可レベルを超えているとして、彼らはオンタリオ州環境省に警告した。

同社は調査が続く中、同省に協力していると伝えられている。

本日(10月29日)の時点で同社は負傷者の報告はなく、事故に関連した設備は復旧した。

今年で2回目です アルセロール・ミッタル・ドファスコ が見出しを飾りました。

2023年5月、同社はハミルトンの製鉄所で従業員1名が勤務中に重傷を負った後、有罪判決を受け、17万5,000ドルの罰金を科せられた。

insaugaの編集基準とポリシー
広告





Source link



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *